BMCがつくったMINI

BMCがつくったMINI

現在、厳密にいえばイギリス車はありません。

 

どの自動車メーカーも業績悪化により、他国の自動車メーカーに買収されたり、資本家によって買い取られたりして、本拠地こそイギリス国内にありますが、お金の出どころはすべてイギリス以外の国からとなっているのです。

 

その旧イギリス車の中で一番メジャーな車といえばブリティッシュモーターコーポレーション、BMCがつくったMINIでしょう。

 

MINIは現在BMWの子会社となり、本拠地もドイツに移しているのでドイツ車となっていますが、昔はイギリスのの伝統的な大衆車としてイギリス国内で生産されていました。

 

この車の特徴は非常に小さいこと、日本人でも身長が大きかったり、少しふくよかだったりする方が乗るとかなり厳しい状態になるのですが、このボディに日本人より体の大きなイギリス人が乗っていたのが信じられないくらい小さなものでした。

 

エンジンも当初は848ccという小さなもので、まさに日本の軽自動車のような車といってもいいでしょう。

 

BMCで生産されていた時期は1959年から2000年まで、41年間にわたって大きなモデルチェンジもせずにずっと販売されていました。

 

日本の中古車市場にもかなりたくさんのMINIがありますので、今でも比較的購入しやすいと思われます。

 

年式にもよりますが一般的に中古車販売店に出回っているものであれば、下は40万円程度から350万円までとかなりひらきがありますが、高いものは特別仕様車とか限定モデルといったものだけで、普通のBMCミニでよければ200万円まで見積もっておけば、より取り見取りでしょう。